avatar image

苦難の中で

こんにちわぁ~


今日はみことばの分かち合いしますね


旧約聖書のヨブ記です。




ヨブって本当に大変な中を通らされた人です。



だってね、最初、幸せな中で、家族にも恵まれ、神様を第一とした歩みをしていました。


そんなヨブ、突然酷い皮膚病に冒され、灰の中に座り、素焼きのかけらで体中を掻きむしる状態とされました(ヨブ2:8)。


そしてヨブの奥さんからも罵倒され、すべてを失ってしまったんです。。



それだけじゃないです。


なんと、見舞いに来た筈の友だちからも非難され、しかも22章を見ると、友だちの一人エリファズから濡れ衣を着せられ、悔い改めよって言われてるんです。


神様に訴えても、神様は沈黙されたままで、何も答えてくださいません。


ヨブの心を思うと、心痛くなりますね。。。



ヨブ23:8~9 
あぁ、私が前へ進んでも、神はおられず、 うしろに行っても、神を認めることができない。
左に向かって行っても、私は神を見ず、右に向きを変えても、私は会うことが出来ない。

これがヨブの状態です。



でもね、思うんですが、私たちもヨブみたいな最悪の状態では無いにしろ、説明不可能な苦難というか、苦しみの中に入れられてしまうことってあると思うんです。


祈っても、もがいても、解決されない。



ぼくもありました。


その時、呻いて呻いて、誰もいない教会で大声を上げて祈っても、どうにもなりません。


しかも、病で倒れてしまいました。



そして、もはや何も出来ない状態となり、その時、始めてわかったんです。


あぁ、ぼくの内には何も無いんだなぁってね。



どんなに大声で祈っても、何とかしようともがいても、どうすることも出来ませんでしたが、倒れたとき、始めて、自分の無能さがわかり、神様に頼るレッスンを受けるようになったんです。




苦難って、変な言い方なんだけど、ある意味恵みなんです。


逆に言うと、苦難に遭わなければならないほど、人間って頑ななんです。



そして、下を見ると真っ暗、その穴に落ちないよう、頑張って信仰を働かせて、もがいて、呻いて、主よーーー!!!って祈ります。


でも、その間は主は沈黙したまま、何も答えてくださいません。




今、はっきり言えるのは、その時、手を離して落ちてしまえばいいんです。


乱暴な言い方でごめんなさい、だってね、落ちた先ってどこだかわかりますか?


イエス様の優しい御手の中なんです。




私たちは、今の苦しみ、まるですべての道がふさがれたように見えても、でもその中で主を見上げ、主に信頼し、今与えられていることに忠実でありたいですね。


そして、頑張って握りしめているその手を、勇気を出して離し、落ちてしなうことです。


そう、優しいイエス様の御手の中に。。。



祝福を祈ります

キリストの愛を込めて。。。



でわでわ~

関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する