FC2ブログ
avatar image

神様に依り頼む2018年

あけましておめでとうございます

2018年、最初のブログです。

今年、どんな年になるでしょうね~


☆ミ☆彡☆ミ☆彡★✩*※*★☆
神は、われらの避け所、また力。
苦しむとき、そこにある強き助け。
それゆえ、われらは恐れない。
たとえその水が立ち騒ぎ、泡立っても
その水かさが増し、山々が揺れ動いても
詩篇46:1~3
☆ミ☆彡☆ミ☆彡★✩*※*★☆

これ、2017年最後の日、12月31日に味わったみことばの一部です。

実際は今朝なんですけどね~

今朝は詩篇46篇全体を味わいました。


これ、ダビデの書いた詩なんですが、この46篇を味わっている中で感じたのは、この詩、ダビデの信仰そのものだなぁっていうことです。


「神は、われらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある強き助け」

ほんとにそうなんですよね。

だってね、神様はぼくたちのことをすべてご存じだし、ほんと、手を伸ばせば届くくらいに近くにおられ、いつもぼくを助けようとしてくださっておられる。

そのことを2017年最後の一日、味わい、思い巡らしました。


問題は、その神様の愛に、御手に頼るかどうかなんですよね。



マルコ4章35節から始まるお話を思い出しました。

イエス様は、ある日ガリラヤ湖で弟子たちと共に舟に乗られたとき、激しい突風が起こり、舟が水でいっぱいになり、舟が沈みそうな大変な状態になったときがありました。

そのとき、弟子たちは大騒ぎでパニクりまくり状態でした。

ところがイエス様は船尾で枕をして眠っておられたんです。

弟子たちは「先生。私たちが死んでも、かまわないのですか」って言いました。

完全にパニクってますね。

イエス様は起きて、湖に「黙れ、静まれ!!」って叱りつけると、風が止み、すっかり凪になりました。

そのとき、イエス様は言われたんです、「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか」


イエス様は嵐の中、船尾で眠っておられました。

弟子たちが恐怖に襲われてパニック状態の中で。。。

弟子たちは漁師ですよね。だからこの手のことには慣れているでしょうね。

その弟子たちがパニクるっていうことは、如何に凄かったがわかります。

その中でイエス様は眠られていたんです。


ここにイエス様の信仰がわかります。

イエス様はこの詩篇と同じ信仰で、完全に父なるに神様に依り頼んでいたんですね。



万軍の主はわれらとともにおられる。
ヤコブの神はわれらの砦である。
(詩篇46:11)

今この瞬間も神様はぼくたちとともにおられます。

今年2018年、神様に依り頼み、信頼する一年にしたいです。

主はわれらとともにおられる、ハレルヤ。


今年もよろしくお願いします

じゃぁね~
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback