FC2ブログ
avatar image

クレーム人生を終わらせよう

こんにちわ~

今日もみことばの分かち合い、しますね。


今、ヨブ記を味わっています。

ヨブ記を味わうと、ヨブの痛み、苦しみが伝わってきます。

すべてを失い、友だちに誹謗中傷をされ、傷ついたヨブ。

そのヨブの葛藤を見ると、とっても辛いですね。



でも、ヨブみたいな壮絶な体験じゃ無くても、多かれ少なかれ、誰も試練を通らされることはありますよね。

そういう意味では、ヨブと同じ体験をみんなしてるんでしょうね。


思うんですが、試練に遭うとき、ヨブのように「どうしてですか!」って嘆き、呻きたくなります。

でも、ヨブ記を味わう中で、それって実は違うんだなぁって感じてます。


今日は、ヨブ記38章、いよいよ神様の登場です。

神様、ヨブに語りかけますが、冒頭の数節を読むだけで、神様の権威がビンビンと伝わって来ます。

 
 
ヨブ記38:1~3

主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。

これは何者か。

知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは。

男らしく、腰に帯をせよ。

わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。

 
 
ね、凄いでしょ。

ぼくたちは全員、何れ、というか、死んだら神様の前に立ちます。

その時、もはや神様に文句、クレームなんか言えるわけがありません。

おそらく立つことすら出来ないでしょう。

この数節を見るだけで、その権威、偉大さが伝わってきますね。

 

でね、神様はヨブに対して「知識もないのに、言葉を重ねて、神の経綸を暗くするとは」って言ってますね。

ヨブは神様にクレームを付けているけど、実は何にもわかってないんです。


これね、ぼくたちもおんなじなんです。

今日の箇所を味わいながら、あぁ、自分もそうだなぁって、しみじみ思わされました。

それなのに、神様にクレームを入れて、あまりにも愚かだって痛感したんです。


ぼくたちは神様にクレームを入れるんじゃなくて、自分は何も知らないことを認め、その状況の中で主に信頼し、主を見上げることなんですよね。

文句を言っている間は何も変わらないし、もはや神様よりも上に自分を置いていることになります。

神様は決して意地悪なんじゃなくて、その口を閉じ、神様を見上げることを待っておられるんだと思うんです。


ぼく自身、いろんな不安や問題があります。どうしよう。。。っていうこともあるし、「主よ、扉を開き、道を示してください!」って祈ります。

でもね、その中で神様を見上げ、主に依り頼む、これなんですよね。

そう、主の御手の中に留まり、そこで、苦しいただ中で主の御手の中で安息するんです。

そして、主にしていただく信仰、これなんですよね。


そんなことをみことばを味わいながら、思わされました。


祝福を祈ります。

キリストの愛を込めて。。。。


でわでわ~

 
関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する