avatar image

イエス様の愛にとどまろう

こんにちわ~

今回もみことばの分かち合い、前回の続きです。

ヨハネ15章を今学んでいますが、イエス様の愛ということについて、今日ご一緒にみことばを味わいたいと思います。



父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛した。わたしの愛の内にとどまりなさい。
わたしが父の戒めを守り、その愛の内にとどまっているように、あなたがたは、わたしの戒めを守るなら、わたしの愛の内にとどまるであろう。(9~10)



「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛した」って、イエス様は言われました。

そう、私たちは愛されているんです。

その愛は父なる神様がイエス様を愛されたその深い深い愛です。


父なる神様とイエス様の愛、それは誰も入り込む余地が無い深い愛です。

まさに父なる神様とイエス様は一つとされていて、常にイエス様は父なる神様の内にとどまっていました。

だから、イエス様の祈りは常にきかれ、かなえられていました。

イエス様は常に父なる神様の御心を知り、御心のままに行動されましたから。


その愛で私たちは愛されているんです。

そしてイエス様の私たちへの愛は、私たちが通常愛する愛とは大きく違います。


私たちが通常愛する愛って、何か条件付きの愛ですよね。

たとえば、相手が親だからとか、子どもだからとか、兄弟だからとか、身内だからとか、夫、妻だからとか、彼氏、彼女だからとか、友だちだからとか。。。

いや、違う!って言う人は、、、いるのかなぁ。。。。

だってね、もし赤の他人で、その人に関心も無く、何か酷いことをした、そういう人を愛せますか?

無差別殺人をしたとか、何か悪事を働いたとか、自分に被害が及んだとか、そういう場合。。。

これが私たちの愛の限界なんです。


でもね、イエス様の愛は違うんです。

だってね、罪に満ちた、愛も欠けだらけの私たちのために、十字架にまでかかれたその愛ですよ。

イエス様の愛は、その人がどうであっても関係無く愛してくださる無条件の愛で、無尽蔵の愛なんです。

その愛で愛しているよってイエス様はおっしゃっています。


イエス様は言われました、「わたしの愛の内にとどまりなさい」って。

私たちはそんなに愛されているんです。だから、そのイエス様の愛の内にとどまるんです。


じゃぁ、イエス様の愛の内にとどまるのってどういうこと?

それは、イエス様の戒め、つまり新約聖書で命じられている「キリストの律法」と言われる愛の戒めに応答し、守ることです。

その時、イエス様の愛の内にとどまっているんです。


クリスチャンライフの究極的なゴール、それは天のお父様の栄光が現れることです。

そして、私たちがイエス様の戒めを守り、みことばを心に留め、イエス様の内にとどまるとき、そのことによって父なる神様は栄光を受けられるんです。


私たちは礼拝者です。

礼拝者のライフスタイル、それはイエス様の内にとどまること、みことばを真剣に学び、応答すること。

そのことによって主をあがめ、御父の栄光を現しているんです。


さあ、ご一緒にイエス様の内にとどまる歩み、してきましょう。


祝福を祈ります。
キリストの愛を込めて。。。


でわでわ~(´ー`)/~~

関連記事

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback