FC2ブログ

キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

Top Page › Archive - 2017年02月
2017-02-26 (Sun)

信仰とは

信仰とは

こんにちわ~今日二つ目の投稿です。よく「信仰によって」とか言いますが、じゃぁ、信仰って何でしょう?実はね、信仰の定義が聖書に書かれているんです。それはヘブル11章1節。信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。このヘブル11章、この後、聖書に出て来るいろんな信仰者が出て来ますが、それはみんなこの信仰の定義どおりに行動したっていうことの説明というか、実例です。でね、この「望んでい...

… 続きを読む

こんにちわ~

今日二つ目の投稿です。


よく「信仰によって」とか言いますが、じゃぁ、信仰って何でしょう?

実はね、信仰の定義が聖書に書かれているんです。

それはヘブル11章1節。



信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。


このヘブル11章、この後、聖書に出て来るいろんな信仰者が出て来ますが、それはみんなこの信仰の定義どおりに行動したっていうことの説明というか、実例です。

でね、この「望んでいる事柄」とか「見えない事実」って何かというと、まさにイエス様の十字架と復活による救いの確かさのことです。

でもね、この「望んでいる事柄」が一人歩きするととっても危険、っていうか、御利益宗教的になっちゃいます。

だってさ、「こうなりたいです~!」とか、「こういう人と出会って、結婚して~」って、全部ベクトルが自分自分になり、「念じることが大切だ」的信仰になっちゃいます。

ここで言っているのってそういうことじゃなくて、イエス様による救い、つまり購いの確かさ、そして、再臨のことなんです。


さて、「見えない事実」ってありますね。これ、どうやって確認するのかというと、そう、聖書のみことばによってです。

奇跡が起きたとか、平安でいられるとか、そういう現象じゃないです。

そうじゃなくて、聖書に書かれていることをそのまんま信じ受け入れるのかどうかなんです。


そして、聖書は宇宙の始まりについて、人類の創造について、罪による堕落について、そして救済について、事細かに書かれている書です。

聖書は宇宙の始まりやイエス様の十字架と復活による救いという過去の出来事だけじゃなくて、将来のこと、携挙について、大患難時代について、ユダヤ人の民族的救いとイエス様の再臨、千年王国について、新天新地についてと将来についてまできちんと啓示されています。


問題は、この聖書に書かれている客観的事実に対してアーメンと受け入れ、そこに信頼を置くかどうか、そこに信頼を置くこと、それが信仰なんです。


最近特に思うんですが、聖書の権威に対してどういう反応してるのかなって自問自答しています。

たとえば、権威ある先生のメッセージとか、感銘を受ける信仰書とか、そこで語られている内容と聖書のみことば、どっちを上にしてるんだろうって自問自答しています。

みなさんはどうですか?

注意しないと聖書のみことばよりも○○先生のメッセージとか、聖書のみことばよりも教会の教え、そうなってしまう危うさがあると感じてるんです。


これ、おそらくだれも聖書の権威は認めていると思います。でも、無意識の内に聖書の権威よりも○○先生、○○教会の教えを上にしているような気がします。

それが人間の弱さなんでしょうね。。。


今日、信仰について思い巡らし、そういう中で、純粋な聖書のみことばの乳で養われる大切さ、そしてみことばの約束をアーメンと額面どおりに信じ、確信すること、そしてどんな先生が語られたことであってもみことばを開き、みことばから確認する大切さ、そのことを強く強く思わされました。

今週一週間、みことばの権威を認め、みことばという客観的事実をそのまんま信じ、みことばに従う一週間となりますように。。。


でわでわ~
 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

2017-02-26 (Sun)

いよいよこのシーズン

いよいよこのシーズン

こんにちわ~今日は比較的あたたかな一日でした。で、耳鼻科に行ったんですが、すごいことになってました。病院に行ったら、なんと50人待ち外で一時間十五分くらいお茶して、それから病院に戻ったんですが、それでも順番からはほど遠い状態で、結局1時間半くらい院内で待ちました。まっ、目的はみんな同じ、花粉症です。だれかと受付の人との会話ですが、先週の土曜日は90人、今日は150人だそうです。強烈ですね~~~あぁ、この薬...

… 続きを読む

こんにちわ~

今日は比較的あたたかな一日でした。

で、耳鼻科に行ったんですが、すごいことになってました。

病院に行ったら、なんと50人待ち

外で一時間十五分くらいお茶して、それから病院に戻ったんですが、それでも順番からはほど遠い状態で、結局1時間半くらい院内で待ちました。

まっ、目的はみんな同じ、花粉症です。


だれかと受付の人との会話ですが、先週の土曜日は90人、今日は150人だそうです。

強烈ですね~~~

あぁ、この薬で今年の花粉症、乗り切りたいなぁ。。。

主よ、どうぞお守りください。


そんなこんなな一日でした。

明日は日曜日、心から礼拝を献げ、主に感謝する一日となれますように。。


でわでわ~

 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

2017-02-16 (Thu)

キリストのとりなしに支えられて

キリストのとりなしに支えられて

こんにちわ~2月はなるべく多くいろいろ書きたいなって思ってたんですが、気づいてみたら一週間以上アップしませんでした。。。。でも、また気持ちも新たに、そしてマイペースでぼちぼちとアップしていこうと思ってます。リラックスして、楽しみながらねさてさて、今月に入ってから、少しずつヘブル人への手紙を味わっているんですが、とっても恵まれ、いろいろと教えられています。近いうちに1章1節から1節ずつ分かち合っていきた...

… 続きを読む

こんにちわ~

2月はなるべく多くいろいろ書きたいなって思ってたんですが、気づいてみたら一週間以上アップしませんでした。。。。

でも、また気持ちも新たに、そしてマイペースでぼちぼちとアップしていこうと思ってます。

リラックスして、楽しみながらね



さてさて、今月に入ってから、少しずつヘブル人への手紙を味わっているんですが、とっても恵まれ、いろいろと教えられています。

近いうちに1章1節から1節ずつ分かち合っていきたいなって思ってます


ヘブル人への手紙7章25節には、こう書かれています。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
それでまた、この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○



ヘブル人への手紙を味わっていて、如何にイエス様が偉大なお方か、そして大祭司としてイエス様が執り成してくださっているということはどういうことなのかということを教えられ、これって凄いことなんだなぁって思わされています。


通常、祭司って当たり前だけど人間ですよね。

だから祭司も罪があるんです。

でね、祭司は人々の代表として、犠牲の捧げ物を献げ、大祭司は年に一回、至聖所に入るんだけど、彼らもまた罪があるので、まず大祭司が自分の罪のためにいけにえを献げ、次に民のためにいけにえを献げました。

でも、イエス様は一回限り、十字架で御自身を献げられました。

この十字架で献げたいけにえによって、完全に贖われ、すべてが成し遂げられたのです。


だから、私たちクリスチャンは完全に救われたんです、ハレルヤ

そして、今、イエス様は、天におられる大いなる方である父なる神様の右の座に着かれ、人間が作った幕屋じゃなくて、主がお建てになった真の幕屋でお仕えになっているんです。


イエス様は今、更にまさった、つまり新約の契約の仲介者となられたです。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
第二テモテ2:5~6a
神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。
この方はすべての人の購いとして御自身を献げられました。これは定められた時になされた証しです。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○




私たちはイエス様を通して、大胆に父なる神様の御座の前に出ることが出来ます。

しかも、私たちはイエス様にあって、父なる神様に愛され、義とされ、受け入れられているんです。

これが私たちクリスチャンの立場なんです。


今、イエス様は真の大祭司として、ぼくたちのために執り成し、祈っていてくださっています。

その執り成しによって、ぼくたちは支えられているんです。

誰に認められなくても、今がどんな状態であろうとも、イエス様はぼくたちのために執り成し祈っていてくださっている。


イエス様は最高に愛に溢れ、思いやりに溢れているお方、このお方の執り成し、凄くないですか

ぼくたちはそのとりなしによって生かされているんです。


主は素晴らしいですね

今週の後半も、この主の愛の執り成しに支えられて、一歩一歩歩んでいきます。


ハレルヤ、主よ、感謝します

でわでわ~

 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

2017-02-04 (Sat)

救われた恵みを味わおう

救われた恵みを味わおう

こんにちわ~今日も一日、終えました。主よ、感謝します。さてさて、今日もみことばの分かち合い、しますね。☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○ルカ23:39~4323:39 十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え」と言った。23:40 ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。23:41 われ...

… 続きを読む

こんにちわ~

今日も一日、終えました。主よ、感謝します。



さてさて、今日もみことばの分かち合い、しますね。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
ルカ23:39~43
23:39 十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え」と言った。
23:40 ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。
23:41 われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。」
23:42 そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」
23:43 イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○


イエス様と共に十字架にかけられたふたりの犯罪人の話です。

ふたりとも、最初はイエス様に罵声を飛ばしていましたが、その内の一人が途中で心が変化し、対照的な態度を取るようになりました。



この箇所、とっても有名で、知っている人も多くおられると思います。

でもね、じっくり味わうと、とても深いなぁって思わされます。



ともかく二人は対照的な態度を取っていますね。

一人はイエス様に対して悪口を言いながら、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え」って暴言を吐いています。

この人、完全にイエス様を見下し、しかも神とは一切認めず、「神のくせに自分を救うことも出来ないのか。くやしかったら自分と、この俺を救ってみろ」って言っているんです。



もうひとりの人も最初はこういう状態だったようですが、ある時からイエス様が神の御子であることを理解し、発言が変わったんです。

われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。

イエス様に暴言を吐いている人にこの人、こう言って諭しています。

そして、イエス様にこうお願いするんです。

イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。

この人のお願いしている「御国」って、黙示録に出て来る千年王国のことです。

まもなくイエス様は再臨され、王としてこの地に再び来られますが、王として着座されたとき、私のことを思い出してくださいってお願いしているんです。



ところが、イエス様、この人にびっくりすることを言っています。

まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。


「パラダイス」、新共同訳聖書では「楽園」って訳していますが、これ、天国のことです。

この人の肉体はもう数時間後には死んでしまいます。

でもこの人の霊は天国に行くんだっていう約束です。


しかもね、これ、さらっと読んだら、天国行けるんだぁ、感謝だねで終わっちゃうけど、凄いことが書かれているんです。

「あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます」、そう、「わたしとともに」なんです。

「わたし」って誰ですか?そうですよね、イエス様です。


この人は、イエス様が王として再びこの地に来られたときに思い出してくださいっていう謙遜なお願いをしたのに対して、イエス様はもっと凄いこと、そんな千年王国の時まで待つ必要はない、今日、わたしと一緒にパラダイスに連れて行ってあげるからねって約束されたんです。

イエス様の愛をここにも感じますね。

最後の最後まで愛し続けられたイエス様、その愛でぼくたちも愛されているんですよね。



この人、救われました。

でもね、興味深いのは、この人はイエス様の十字架と復活を信じたんじゃないんです。

まっ、十字架にかかったところまでは信じましたね。だって目の前の出来事ですもんね。

でもね、復活することは全くこの人知りません。

だからこの人はイエス様が十字架にかかり、死んで墓に葬られ、三日目によみがえったことを信じて救われたんじゃないんです。



ある人は、この人はイエス様の復活の希望を待ち望んだっていうことを言うかもしれません。

でもそれはありえない、だってね、イエス様と同時期に死んだし、ついさっきまでもう一人の犯罪人と一緒になって罵倒していたんです。

救われるって、実は一律じゃないんです。

その時代時代によって救いの方法は違うんです。

でも共通していることはあります。それは「信仰と恵み」です。



この人は、自分が罪人であることを認めました。

そして、イエス様に罪はないということを認めました。

イエス様は自分を救う力があるということを信じました。

そして、悲惨な十字架刑で死のうとされているイエス様が王となるんだということを信じました。

この彼の信仰によって、彼は救われたんです。



今、私たちは第一コリント15章3~4に書かれていることを信じ受け入れ、そこに信頼を置くことによって救われます。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
15:3 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
15:4 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

これを「福音の三要素」っていうんですが、この福音の三要素を信じるだけ、それが救いの条件で、それ以外には一切無いです。

よくバプテスマを受けることで救いが完成するとか、救われるんだっていう人がいますが、聖書にはそんなこと書いてありません。

それは違う福音であって、バプテスマに救いの力はありません。

行いも救いの条件じゃないです。

ただこの福音の三要素を信じ受け入れ、そこに信頼するだけ、終わり。

だから、もしまだ洗礼を受けていなくて、でもこの福音の三要素は信じ受け入れいてるっていうのでしたら、あなたは救われています。りっぱなクリスチャンです。



で、最後にすごく厳粛なことなんですが、イエス様の両サイドにいながら、片方の人は救われ、もう片方の人は頑なな心のままで救われない。

神様の選びの厳粛さを痛感させられます。



私たちが救われ、クリスチャンとされたのは、決して当たり前じゃなく、ましてや自分の選択や力じゃありません。

たしかに最終的に信じますって決心はしましたよね。

でもね、救われるように選ばれたのは神様で、その恵みによって救われたんです。

だから、救いは決して当たり前じゃないです。

イエス様を拒否し続けて亡くなった方もいっぱいいます。また今も拒否し続けている人もいます。



神様のご計画の中で私たちは救われ、今生かされています。

お互いにその恵みに感謝し、主をほめたたえましょう


でわでわ~

 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

2017-02-03 (Fri)

イエス様のとりなしの祈り

イエス様のとりなしの祈り

こんにちわ~2月に入りましたね。今月、どんな月になるか、主に期待します。ここ数日、イエス様の十字架について思い巡らしています。☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないからです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。(ルカ23:34)☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○イエス様の十字架、これがどんなに辛く、苦しいものか、それは本当に計り知れ...

… 続きを読む

こんにちわ~

2月に入りましたね。

今月、どんな月になるか、主に期待します。


ここ数日、イエス様の十字架について思い巡らしています。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないからです。」
彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。(ルカ23:34)
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○


イエス様の十字架、これがどんなに辛く、苦しいものか、それは本当に計り知れません。

イエス様は十字架に掛かられる前、裁判の時、鞭で体中を打たれました。

手加減なしです。

だから体中凄いことになっていたことは容易に想像できます。

顔にも鞭が当たったので、顔面も悲惨なことになっていたことでしょう。

ローマの鞭打ちの刑を受けると、皮膚が裂けて骨や内臓が見えてしまうくらい酷いことになるそうです。


そしてふらふらになりながら、ゴルゴダという十字架刑の場所までの道を歩かされました。

その間も罵声が飛んでいたことでしょう。


そして十字架刑。

横に倒された十字架にイエス様は寝かされ、その両手首と足に太い釘が打ち込まれました。

そして、十字架が立てられました。

その結果、両手首と足にもの凄い負担がかかり、それはもう激しい苦しみです。


上のみことばはその状態の中でのイエス様の祈りだったんです。

父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです



詩篇22章18~19節にはこうあります。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
骨が数えられる程になったわたしのからだを、彼らはさらしものにして眺め、わたしの着物を分け、衣を取ろうとしてくじを引く
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○



これ、イエス様の十字架の預言で、まさにこのとおりになったんです。

イエス様は丸裸、全裸で十字架にかけられました。

映画や絵では腰に布の覆いがまとわれていますが、実際はそれもないです。

そして、ごめんなさい、汚い表現で、罵声を浴びせている群衆の前でおしっこやうんちも垂れ流し状態。

まるで動物園の動物のように、もだえ苦しむ姿を人々は見て、侮辱していたのです。

これが十字架刑の実態で、おぞましい刑罰なんです。



この十字架の下では、ローマの兵士たちがイエス様の着ていた着物、下着、そして体全体を包む大切な服を分け合っていました。

はぁ、なんと愚かな光景でしょう。。。。



このような状態の中で、イエス様はこの祈りをされたんです。

父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか自分でわからないのです


最後の最後まで愛を示されたイエス様。

このことを思い巡らしていると、涙が出て来ます。



そして十字架に掛かられたイエス様は、十字架上で亡くなって墓に葬られ、三日目によみがえりました。

今イエス様は天に上られ、父なる神様の右の座に着座され、大祭司となられました。

そして私たちのためにとりなし祈られているのです。



この「父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか自分でわからないのです」という祈り、私たちのために涙を流しながら、ずっとお祈りされているんだなぁって思わされ、凄く感謝でいっぱいになりました。


この祈りによって、イエス様を受け入れ、救いに導かれ、クリスチャンになっています。

そして、救われた後、イエス様を悲しませるようなことをする度に、イエス様は諦めず、何度も何度もぼくたちのために祈ってくださっているんです。



「父よ。みのみのをお赦しください。みのみのは何をしているのか自分でわからないのです」

これがイエス様のとりなしの祈り。

皆さんも「彼ら」のところにご自分の名前を入れて、声に出して読んでみてください。

こうやってイエス様は祈り続けておられるということが、心に響いてくることと思います。


そして、今もイエス様はぼくたちを愛し続け、とりなし、祈ってくださっています。

その祈りに支えられ、今があるんです。


その愛に支えられているんだなぁってしみじみ思わされます

そしてこれからもその愛に生かされ、この地上での歩みを全うしていくんですね。


主よ、心から感謝します


でわでわ

 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

2017-02-02 (Thu)

お誕生日な一日♪

お誕生日な一日♪

こんにちわ~今日は2月2日、実は今日、誕生日なんです そんなこんなで、今日一日、そのことを思い巡らし、感謝の日にしようって思いました。誕生日って特別な日ですよね。クリスチャンにとっては余計にそう思います。だってね、神様が特別なご計画をもって、この地に誕生させてくださったんですからね。神様はぼくが母の胎内にいる前から知っておられ、救われるよう選んでくださり、特別なご計画をもって母の胎内でお造りにな...

… 続きを読む

こんにちわ~

今日は2月2日、実は今日、誕生日なんです

 



そんなこんなで、今日一日、そのことを思い巡らし、感謝の日にしようって思いました。

誕生日って特別な日ですよね。

クリスチャンにとっては余計にそう思います。

だってね、神様が特別なご計画をもって、この地に誕生させてくださったんですからね。

神様はぼくが母の胎内にいる前から知っておられ、救われるよう選んでくださり、特別なご計画をもって母の胎内でお造りになり、この地に誕生させてくださったんですよね。

いろんなことがあるけど、でも神様はぼくのことを愛し続け、特別な目で見てくださっているんだなぁって思わされました。



で、夜、カフェに行きました。

ひとりバースデーケーキです





 


 ほんとはね、イチゴのショートケーキの予定だったんですが、残念、売り切れで、これにしました。

とってもとっても美味しくて、雰囲気もよくて、癒やされました。


また土曜日にでも第二弾(笑)で、今度はショートケーキにします。



そんなこんなな一日でした。

主よ、新しい歳、あなたのご栄光が現され、御心の中を歩めますように。
そして、あなたに従う歳としてください。。。


でわでわ~

 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。