FC2ブログ
みのみの

ねたみに満たされるか、聖霊に満たされるか。。。

こんにちわ
今日も無事に一日が終わりました。

ふぅ

こうやってブログを再スタートし、少しずつでも分かち合えること、とっても嬉しいです。
そして、やっぱみことばを分かち合えること、それが嬉しいんです。


☆★○☆★○☆★○☆★○☆★
使徒5:17~18
そこで、大祭司とその仲間たち、すなわちサドカイ派の者たちはみな、ねたみに燃えて立ち上がり、
使徒たちに手をかけて捕らえ、彼らを公の留置場に入れた。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★

イエス様が十字架にかかられ、お墓に葬られ、三日目によみがえられ、弟子たちの目の前で雲に乗って天に挙げられた後、ペンテコステの日に弟子たちに聖霊が降りました。

この日から教会がスタートしたんですが、弟子たちは聖霊のバプテスマを受けてから、人が変わったように大胆に福音を語るようになったんです。

だってね、それまで臆病で、イエス様が捕らえられた後、みんな逃げるし、ペテロは3回もイエス様を知らないって裏切ったんです。

その男たちが、聖霊のバプテスマを受けてから、聖霊によって力が与えられ、大胆になり、そして彼らの働きは進展していきました。


使徒5章12~14節にはこう記されています。

☆★○☆★○☆★○☆★○☆★
さて、使徒たちの手により、多くのしるしと不思議が人々の間で行われた。皆は心を一つにしてソロモンの回廊にいた。
ほかの人たちはだれもあえて彼らの仲間に加わろうとはしなかったが、民は彼らを尊敬していた。
そして、主を信じる者たちはますます増え、男も女も大勢になった。
そしてついには、病人を大通りへ運び出し、寝台や寝床の上に寝かせて、ペテロが通りかかるときには、せめてその影だけでも、病人のだれかにかかるようにするほどになった。
また、エルサレム付近の町々から大勢の人が、病人や、汚れた霊に苦しめられている人々を連れて集まって来た。その人々はみな癒やされた。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★

使徒たちを通して、多くの奇跡がなされ、しまいにはせめてペテロの陰にかかればって、ペテロの影に病人が当たるようにするほどでした。

誤解しないでくださいね。ペテロの影に何か力があるとか、そんなことは全く無いですし、このことで何かが起こったということも記されていません。
その人たちの期待感から、ペテロに触れることは出来なくても、せめて影だけにでも~っていう思いから出たことなんです。

で、そんなこんなで、主を信じる人たちは増え、男女共に主を信じるユダヤ人の人たちが大勢になりました。


で、本来ならみんなが喜ぶ筈です。

ところがそれを苦々しく思った人がいるんです。
その人たちは、なんと大祭司とサドカイ派の人たちだったんです。

本来なら、聖書の専門家であり、誰よりも約束されたメシアを信じる人が増えることを喜ぶ筈の人たちが、怒りと苦々しさでいっぱいになったんです。

これが上のみことば、5章17~18節です。


17節に「ねたみに燃え」ってありますね。

これは「ねたみに燃え」というより、「ねたみに満たされ」という意味です。
ねたみ充満状態です。

彼らは自分たちの宗教的特権を守ることでいっぱいだったし、サドカイ派の人たちはイエス様の復活を否定していたので、イエス様の復活のメッセージに反発していたんです。

それで、使徒たちへのねたみで満たされ、使徒たちを捕らえ、神殿の外にある公の留置場に入れたんです。



この箇所を味わいながら、考えちゃったんです。

方や使徒たちは聖霊に満たされ、大胆に福音を語りました。

方やねたみや嫉妬に満たされて、ユダヤ人のメシアであるイエス様の福音を否定し、使徒たちを捕らえたんです。


「満たされる」って、人格的支配のことです。

私たちは何に支配されているかで、生き方が変わって来ます。

怒りや嫉みに支配されるか、聖霊様に支配されるかで、大きく変わって来ます。


ほんと、ぼくたちは常に聖霊様に支配され、導かれる歩みをしていきたいですね。

みことばを日々味わい、聖霊様を通して語られるみことばにアーメンと応答し、主に導かれて一歩一歩歩んでいきたいです。


明日も聖霊の導きに応答する一日となりますように

じゃぁね

関連記事
 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

みのみの
Posted byみのみの

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply