FC2ブログ

喜びと聖霊に満たされるクリスチャンライフ

2019年02月17日
みことばの分かち合い 0
こんにちわ
もう2月も半ばを過ぎちゃったんですが、今年最初の投稿です

今日から新しい気持ちで書いていこうと思ってます。

使徒13章52節にこう書かれています。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
これ、ピシデヤのアンテオケでパウロとバルナバが伝道した結果、多くの人たちが救われ、そこに教会が出来たんですが、パウロとバルナバが去っていった後、残された人たちの状況なんです。

弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。

弟子たち

「弟子たち」って彼らは呼ばれていました。

「弟子たち」ってよくないですか?
キリストの弟子です。
彼らは「弟子」って呼ばれていました。

ぼくたちもイエス様の弟子であり、イエス様に従う者なんです。
クリスチャンって、本来そういう存在なんですよね。

ぼくたちが自分はキリストの弟子だということを受け止めるとき、生活が変わってきます。
何よりも、イエス様を悲しませることはしたくなくなります。

ぼくらはキリストの弟子です。
キリストの弟子として、日々歩んでいきたいです。

喜びと聖霊に満たされる歩み

このキリストの弟子たちは、「喜びと聖霊に満たされていた」ってあります。

喜びに満ちる

これは福音がもたらされる実です。

パウロのメッセージに応答し、恵みと信仰によって救われたピシデヤのアンテオケの弟子たち。
福音を味わい、その喜びがたえず内側にあったのです。

これまで律法に従わなければいけないと、一生懸命努力し、神様に喜ばれるようがんばってきた彼ら。
でも、もうがんばんなくてもいいんです。

パウロは彼らに「神の恵みにとどまるように説得した」(使徒13:43)と勧めました。

私たちが救われるのって、「恵みと信仰」によります。
ほかの条件はいっさいありません。
そして救われた後も「恵みと信仰」によって成長するんです。

祝されたクリスチャンライフの鍵、それは「恵みと信仰」です。

でもせっかく恵みと信仰によって救われたのに、その後、律法の世界に戻ってしまう可能性が高いので、それで「神の恵みにとどまるように説得した」とあるんです。

ぼくらは自由にされたんです。
もう律法の世界とはおさらばです。
っていうか、本来、律法はイスラエルの民に与えられたもので、ぼくら異邦人信者には関係ないんです。
でもね、自家製の律法というか、「クリスチャンなんだからこれをやんなくちゃ駄目」って律法を自分たちで作っているのが現状です。

そういう中にあって、私たちが自由にされ、今やキリストの弟子として歩めることがわかればわかるほど、喜びが溢れてきます。

そして聖霊は私たちの内におられます。
その聖霊様が私たちを喜びに満たしてくださるんです。

でも、この喜び、「そうだ、喜ぶんだ」ってやっても失敗するだけです。
そうじゃなく、主はみことばを通して喜びを私たちに与えてくださるんです。

だから、みことばの学びはとってもとっても大事。
みことばを通して、聖霊様は私たちを主への喜びで満たしてくださるんです。

喜びと聖霊に満たされたクリスチャンライフ、お互いに今週一週間、喜びいっぱいのクリスチャンライフを送っていきましょうね。

祝福を祈ります。
キリストの愛を込めて。。。

じゃぁね

関連記事
 
ご訪問下さり、お読みくださり、
ありがとうございます。
心から感謝します。
気軽に「拍手」
励ましのコメントも
くださいね

そして、Twitterをやってます。
こちらからお越しください。




それと、応援の意味を込めて、
ポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ

イエス様の祝福が豊かにありますように。
キリストの愛を込めて。。

気に入ったらシェア!

みのみの
この記事を書いた人: みのみの



みのみのです。
クリスチャンです。
神奈川県の鎌倉近辺に住んでします。
海や山、自然が大好きです。
それと温泉も好きです♪
あっ、鎌倉も好きです。

ぼくがどうやってイエス様と出会ったかは、こちらを御覧ください

このブログでは自由に導かれるままに、いろんなことを書いています。
美味しいお菓子やお茶しながら、ゆっくりと楽しんでくださいね♪

それと気軽にコメントくださいね♪
主にある交流を、交わりをしましょう☆彡

これからどうぞよろしくお願いします。

コメント0件

コメントはまだありません