FC2ブログ

キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

Top Page › 恵みの分かち合い › みことばの分かち合い › 私たちのうちにいますキリスト、栄光の望み
2020-11-13 (Fri) 00:47

私たちのうちにいますキリスト、栄光の望み

こんにちわ
ご無沙汰しています。

っていうか、前回の記事から5ヶ月も経ってしまっています
またまたなんですが、再度再開しようと思います。

またみことばを中心に分かち合えたらなって思ってます。

コロサイ1章27節
この奥義が異邦人の間でどれほど栄光に富んだものであるか、神は聖徒たちに知らせたいと思われました。
この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。

あなたがたの中に折られるキリスト、栄光の望み

今日、このみことばを味わいました。

旧約聖書で、モーセが父なる神様とシナイ山で交わり、降りて来たとき、彼は光輝いていてたのですが、彼はその顔に覆いをかけたって聖書に書かれています。

モーセの顔は徐々に消えていきました。
彼は民に栄光が消えていくところを見せまいとして、顔に覆いをかけたんです。

でも、今日、ぼくたちの内にいますイエス様は、モーセとは違い、いつもいつも栄光で輝いていてくださっています。

ぼくたちの内にイエス様がおられる。
イエス様はぼくの内にいて、ぼくたちが聖霊様に心を開くとき、栄光から栄光へとイエス様の姿に変えていただける。

ぼくは、本当に本当に足りなくて、だめだめだなぁって、なんてぽんこつなんだろうって、自分で自分を責めてしまうときがあります。

でも、こんなぼくのうちにイエス様がお住まいになられ、日々イエス様の似姿に変えてくださっている。
そして、将来、完全な体に変えられ、栄光に満ちたイエス様を直接見、そしてイエス様の花嫁としてずーーーっと側近くにいることが出来る。


今、ぼくは完全ではありません。
工事中です。
でも、徐々に、徐々に変えられていっています。

だからね、もう自分で自分を責めたり、罰したりすることにピリョウドを打とうと思っています。
そう、卒業です。

そして、心に責めの思いが来たとき、自分のドロドロした内面じゃなくて、内におられるイエス様を見つめ、イエス様によって罪赦され、自由にされ、義とされている恵みを受け取り、そこに立つこととします。

ぼくの内には栄光に満ちたイエス様がおられるんですからね。


今週もあと2日。ぼくのうちにいますイエス様に依り頼み、イエス様の愛の中で一歩一歩歩んでいきます

今日はとりあえず。。。
じゃぁね


関連記事
[Tag] * みことば * イエス様 * 栄光 * キリスト

最終更新日 : 2020-11-13

Comments







非公開コメント