FC2ブログ

キリストの優しい風

キリストの優しい風に吹かれ、自由に導かれ、癒やされ、変えられていく幸せをあなたと。。。

Top Page › 恵みの分かち合い › 賛美 › この日を喜び楽しもう!!
2021-06-15 (Tue) 23:31

この日を喜び楽しもう!!

ハレルヤ、感謝します
6月に入って今日で15日、半分が過ぎました。

気づいています?
あと半月で6月も終わり、そして2021年も半分過ぎちゃうんです!!!
なんか実感0なんですけどね。。。。

今日は賛美の紹介です。



☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
私はあなたに感謝します。
あなたが私に答え、私の救いとなられたからです。
家を建てる者たちが捨てた石
それが要の石となった。
これは主がなさったこと。
私たちの目には不思議なことだ。
これは主が設けられた日。
この日を楽しみ喜ぼう。

詩篇118:21~24
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
家を建てる者たちが捨てた石、それが要の石となった。それは主がなさったこと
これ、イエス様の預言の箇所なんです。

「家を建てる者たちが捨てた石」
イエス様はユダヤ人の王としてこの地に来られました。
旧約聖書で預言者たちが預言した約束のメシア、そのお方が来られたんです。

ところが、彼らはイエス様を受け入れるどころか、否定し、拒否されました。
挙げ句の果てに、イエス様が奇跡を起こされたのはベルゼブルっていう偶像神によって追い出したんだって、とんでもないことを言いました。

これはもはや赦されない罪です。

彼らにとっては、まさに不必要な石、でも私たち救われた者たちにとっては、要の石なんです。


イエス様について、パウロはエペソ人への手紙2章でこう言っています。
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○
使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられていて、キリスト・イエスご自身がその要の石です。
このキリストにあって、建物の全体が組み合わされて成長し、主にある聖なる宮となります。
エペソ2:19~20
☆★○☆★○☆★○☆★○☆★○

要の石
これは、家を建てるときの基準とする石のことです。
建物を建てるとき、その石を中心として家を建てるのです。

この要の石こそ、イエス様です。

そして、その家の土台は使徒と預言者。
つまり、聖書のみことばです。

そしてこの使徒と預言者の語られた土台はもう完全に据えられています。
しっかりがっちりした土台の上に、今日、教会である私たちクリスチャン一人一人が建て上げられているんです。


詩篇118篇の時代は、まだイエス様がこの地に人として来られていませんでした。
でも、今、2021年現在の今は、全く状況は違います。

だって、約2000年前にイエス様はこの地に来てくださいました。
そして私たちの罪のために十字架にかかられたんです。
イエス様の十字架で流された血潮により、私たちの罪は完全に赦され、取り除かれました。
そう、私たちは今自由であり、勝利者なんです。

だからね、イエス様を受け入れていない人たち、イエス様のことを知らず、この世の基準で生きている人の「この日」と、私たちクリスチャンにとっての「この日」は違うんです。


たしかに毎日ハッピーっていうわけじゃないです。
この賛美の歌詞にあるように、何かを手放し失ったような状況、実際に失ってしまうことがあります。
ぼく自身そうです。

状況を見ると、絶望しかないです。
誰も理解されないし、孤独感も正直あります。

でもね、今、要の石となられたイエス様は素晴らしいんです。
イエス様は今、大祭司となられ、天の神殿において、父なる神様の右の座に座られ、ぼくたちのために、ぼくたちの心を理解し、涙しながら執り成し祈っていてくださっています。

イエス様こそ最高の理解者です。

イエス様はそして同時にぼくたちの内に住んでいてくださっています。

イエス様の御手の中にすべての必要は満ちています。
だから、イエス様に信頼するんです。

信仰者を惨めな状況で決して終わらせることはありません。

だから、このお方を見上げるとき、その日を楽しみ喜べるんです。

イエス様がすべてのすべてです。



イエス様はぼくのすべてを知っておられ、ぼくの悲しみも、苦しみも、絶望感も何もかもご存じです。
ぼくはね、このお方に信頼しています。

すべての必要は主の御手の中にあります。
心乱れること、不安や思い煩いの暴風がぼくの心の中に吹き荒れ、この状況から逃げ出したい、もう死んじゃいたいって思うことも、ぶっちゃけ、いっぱいいっぱいあります。

でもね、イエス様はそのことを理解され、今も天の至聖所でぼくのために大祭司として執り成し祈ってくださっています。

そして、信仰者を辱めるようなお方じゃないです。


今の試練は、将来のための訓練であり、神様の許しの中でのこと。
そしてテスト。
ぼくはただただイエス様を見上げ、イエス様の御手の中に留まり、その御手に信頼するだけです。

そう、すべての必要は主の御手の中にです、ハレルヤ


さあ、共にこの日を喜び楽しみましょう!
イエス様を見上げ、イエス様に感謝の賛美を捧げましょう!

ハレルヤ


6月の後半も主の御手の中
主に依り頼みつつ。。。

じゃぁね


関連記事

最終更新日 : 2021-06-15